”セロトニン=幸せホルモン”
耳にしたことはあるのではないでしょうか?
では”メラトニン”はご存知でしょうか?

睡眠と食事で少し登場したメラトニンですが、
メラトニンは日の光を浴びるとセロトニン(別名幸せホルモン)に変わるため、
寝起きにすっきり気分で起きれるということにもつながります。

前回の食事と睡眠について少し振り返りますが
質のいい睡眠にとって適度な食事はとても大切といった内容でした。

しかし、何を食べてもいいというわけではありません。
高GI食品(白いごはんやパン、うどんなど)は血糖値を上昇させます。
血糖値が高い状態で眠ると、睡眠中に細胞を修復する成長ホルモンの分泌が抑えられ、
食事をしたことで、かえって睡眠の質が悪くなってしまいます。
また、神経の興奮を抑えるGABAやセロトニン(寝る時にメラトニンに変わるホルモン)は
たんぱく質やビタミンB群が必要です。
その2つの中で特に摂取したいのが「トリプトファン」「ビタミンB6」覚えていますでしょうか?

この2つは肉や魚に多く含まれています。
しかし、動物性のたんぱく質は消化に負担がかかるので、分解されて吸収されるまでに時間がかかります。
寝る前は特に消化に負担がかかるものは避けたいです…

日中に是非動物性たんぱく質も摂取してほしいです。
また、肉を食べる時は消化酵素を多く含む大根やパイナップルも食べることもおすすめです。

幸せホルモンの材料は食品から摂取し
作り出すための環境づくり(日の光を浴びる、質のいい睡眠)で
気持ちのケア=幸せづくり♪

食事カウンセリング受付中